会社公式サイトへようこそ!

うなぎ・養殖・加工・販売を一体化した総合サービス商
22年水製品養殖販売経験成果の信頼の選択

相談ホットライン:
0591-28955888

ウナギ・養殖・加工・販売の一体化総合サービス商

22年水製品養殖販売経験成果の信頼の選択

一線の情報

位置の位置:

トップページ一線の情報集泉情報紹介風ウナギの開き風と鰻筒の違い

紹介風ウナギの開き風と鰻筒の違い

时间:2018-01-26 00:00:00浏览次数:98
ハモは風風ウナギの開きとウナギ筒の2種類の主な材料は、新鮮なウナギひとしお、よく加工成干製品となった一部の地域の伝統的な料理。
ハモは風風ウナギの開きとウナギ筒の2種類の主な材料は、新鮮なウナギひとしお、よく加工成干製品となった一部の地域の伝統的な料理。なぜ風というの?ウナギの開きとからウナギ筒制作が終瞭した後、必要に掛かって窓辺房前裏や風に(北西の風)干しする、でないと照りつける太陽の下で。
旬の素材には、必ず選択と東海穴子、作った風ウナギの開きと鰻筒が本場。2~3斤以上のはも、一般に用いて風ウナギの開き、二キロ以下のはも、は製風鰻筒。加工方法は次の通りです。
制作ウナギの開きが鰻体が大きく、ウナギの背中の下で必要から刀に沿って頭から尾背骨を切り開いて、刀工追求して平らで、背骨が完全に露出し、これを出したウナギの開き品相ばいい。取り出す内臓、鰓片などの雑物を絞って、水の清潔でやったガーゼを拭く血のついた跡を防ぐために、肉麺汚染を受けたことを水で洗い流しに影響を与えないよう、鮮度や賞味期限。ちょっと待し、ウナギ体内外均一拭き適量の細い塩、同時に少し数滴こぼしに酒、塩をまぶして時の注意制御塩加減、一般的にはどうしても淡が多い、塩辛い、ウナギの開きの味に影響を与える。半時間後に竹片広げ鰻体(を防ぐために変形させ、ウナギの開きを良好品にも有利に加速、陰干し)かけて風の通路で。
そして、穴子筒穴子体は比較的小さく、直接腹部からを切り開いて、内臓雑物と血のついた跡の事項を拭く。塩を塗るとき、うなぎの背中が切り開いていないため、肉が厚いので、うなぎの皮の中では少しずつ塩を塗って、最後にコットンや布を使って、うなぎの輪を輪にして、風の風にかけています。
乾かす時で注意したいのは、南の日や雨の日は風のウナギの開きもできず、風に鰻筒からウナギ筒肉厚、陰干ししにくい、変質しやすく。保存を持ち、陰干しのウナギの開きやウナギ筒の分割数截後の鮮度を保つ袋に入れ、そして冷蔵庫に入れて冷凍保存、少なくとも半年以上。食べる前に限り、取り出して洗って、佐江は少しみりん何切れのショウガ蒸して作り、こだわりのいくらかの醤油や酢を食べて、そのは本場の味を楽しむの舌の先、また焼肉食べて、また別の独特の風味、そこで広く人々に愛されて。
すべての著作権登録番号:福建ICP備18000530号
会社の住所:福建省福州市長楽区鶴上町の鯉山
顧客サービスの電話:0591-28955888
企業郵箱:changle_le_jqkmc@163.com
ファックス:0591-28955888
すべての著作権登録番号:福建ICP備18000530号
会社の住所:福建省福州市長楽区鶴上町の鯉山
顧客サービスの電話:0591-28955888
企業郵箱:changle_le_jqkmc@163.com
ファックス:0591-28955888
掃き掃く
集泉携帯電話の2次元コード
首页
产品
位置
電話